ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

SUBARU
GLOBAL MEDIA SITE

FHI Announces Consolidated Financial Results for FY2013 (PDF/226KB)

May 8, 2013

Corporate&Financial

2013年5月8日

富士重工業 2013年3月期 通期連結業績の概要

<2013年3月期 通期業績:連結売上高>

スバル車の海外販売は、インプレッサ等の販売が好調に推移したことから、米国や中国など多くの市場で前年を上回り、前年同期比20.1%増の561千台と大きく伸長しました。一方、国内販売は、登録車の販売が前年を上回りましたが、軽自動車が前年を下回ったことから同5.3%減の163千台となりました。全世界合計の販売台数は、同13.2%増の724千台となり、この結果、連結売上高は同26.1%増の1兆9,130億円となりました。

<2013年3月期 通期業績:連結損益>

営業利益は、スバル車の販売台数増加ならびに売上構成の改善、原価低減の進捗、為替の円高是正により、新型車導入や販売台数増加による製造固定費や販管費などの諸経費増加をカバーし、前年同期比173.9%増となる1,204億円となりました。経常利益は同169.9%増の1,006億円、当期純利益は現在の業績動向を踏まえ、将来の課税所得発生が見込まれることから、法人税等調整額442億円を計上したことにより、同211.0%増の1,196億円となりました。

なお、当期業績はスバル車の海外および全世界の販売台数、売上高、各利益段階のいずれもが通期業績として過去最高です。

<2014年3月期 通期業績見通し>

全世界のスバル車の販売台数は、北米など海外市場での増加を見込み752千台を計画します。この台数増に加え、為替の円高是正が進んだことや原価低減が進捗することを見込み、売上高2兆500億円、営業利益1,800億円、経常利益1,750億円、当期純利益1,100億円を計画します。スバル車の海外および全世界の販売台数、売上高、営業利益、経常利益が前期に引き続き通期業績として過去最高となる見通しです。
なお、通期連結業績見通しの前提となる為替レートは¥90/US$、¥120/EUROです。

* 連結通期決算の開示を始めた1986年3月期以降

本資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、発表日現在において入手可能な情報に基づいたものであり、実際の業績等は今後様々な要因によって大きく異なる可能性があります。

Release

Handing of photos and press materials

Photos and press materials provided on the downloadable page may only be used for press purposes.

ローカルナビここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

Page Top

サイトのご利用案内ここまでです。