ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

SUBARU
GLOBAL MEDIA SITE

富士重工業 マレーシアでSUBARU XVの KD生産をスタート

December 20, 2012

クルマ

2012年12月20日

富士重工業 マレーシアでSUBARU XVの KD生産をスタート

富士重工業とTan Chong Motor Assemblies Sdn.Bhd(以下TCMAと略)は、マレーシアにあるタンチョングループの工場でSUBARU XVのKD生産(現地組立生産)を開始し、12月19日にラインオフ式を実施しました。式典は、マレーシアのマハティール国際通産省副大臣をはじめとする政府来賓、タンチョングループ幹部、その他関係者出席のもと行われました。
KD生産はSUBARU XVを年間5,300台の規模でTCMAが行い、KD生産車はタンチョングループのスバル販売網を通じてマレーシア国内、タイ、インドネシアで販売されます。

TCMA は設立当初の1974年から日本車および欧州車のKD生産を行い、1986年にはスバル車のKD生産を手がけるなど、自動車の生産、品質管理の高いノウハウを有しています。2012年9月20日にインドネシア国際モーターショーにおいて初公開された同工場生産のSUBARU XVの試作車は、流麗で力強いエクステリアデザインと共に品質の高さが評価されました。

富士重工業は、今回のKD生産を契機に成長著しいアセアン地域においても、スバルのブランドステートメントである"Confidence in Motion"を通じて「クルマのある 自由で愉しい生活」を提案し、拡販を目指します。


SUBARU XV KD生産 ラインオフ式



関連ファイル

写真及び広報資料の
お取り扱いについて

ダウンロードページ内で使用されています広報資料及び写真は報道目的に限りご使用になれます。

ローカルナビここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

Page Top

サイトのご利用案内ここまでです。