ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

SUBARU
GLOBAL MEDIA SITE

スバル 運転支援システム「EyeSight」を欧州市場へ初展開

November 7, 2014

クルマ

2014年11月7日

スバル 運転支援システム「EyeSight」を欧州市場へ初展開

● EyeSightを新型アウトバックに採用し、年内に欧州での販売を開始
● 日本、豪州、北米市場に続く導入により、EyeSightのグローバル展開を拡大

富士重工業は、2014年中に欧州にて販売を開始するスバル新型アウトバックに、スバルの欧州仕様車として初めて、独自の運転支援システムEyeSightを搭載します。日本、豪州、北米に続く今回のEyeSight導入により、海外市場におけるEyeSight展開を拡大していきます。

EyeSightは、世界で初めてステレオカメラのみで、歩行者、自転車をも対象としたプリクラッシュセーフティ機能や全車速追従クルーズコントロール機能を実現したシステムで、2008年5月の日本での発売以来、お客様からの高い評価をいただいてきました。また、EyeSightを搭載したスバル車が、米国でIIHS*1(道路安全保険協会)の2014年安全評価の前面衝突予防性能試験において最高評価「Superior」を獲得するとともに、日本では国土交通省とNASVA*2が実施する予防安全性能アセスメントにおいて最高評価であるJNCAP*3「先進安全車プラス(ASV+*4)」に選定されるなど、第三者機関からの評価結果も優れた内容となっています。

2014年6月以降、日本と北米で順次導入してきている新型EyeSight*5については、ステレオカメラを全面的に一新し、視野角、視認距離を約40%拡大することで、予防安全・運転負荷軽減機能を更に進化させました。欧州仕様のアウトバックにも新型EyeSightを初採用し、大幅に進化した予防安全性能をより多くのお客様へ提供します。

*1:Insurance Institute for Highway Safety(米国保険業界の非営利団体)
*2:National Agency for Automotive Safety & Victims’ Aid(独立行政法人 自動車事故対策機構)
*3:Japan New Car Assessment Program
*4:Advanced Safety Vehicle +
*5:日本市場名EyeSight(ver.3)

スバル 新型アウトバック(欧州仕様車) EyeSightステレオカメラ


関連ファイル

写真及び広報資料の
お取り扱いについて

ダウンロードページ内で使用されています広報資料及び写真は報道目的に限りご使用になれます。

ローカルナビここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

Page Top

サイトのご利用案内ここまでです。