ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

SUBARU
GLOBAL MEDIA SITE

スバル レヴォーグ搭載の1.6ℓ インテリジェント“DIT”が平成26年度日本燃焼学会「技術賞」を受賞

December 5, 2014

クルマ

2014年12月5日

スバル レヴォーグ搭載の1.6ℓ インテリジェント“DIT”が
平成26年度日本燃焼学会「技術賞」を受賞

富士重工業が、レヴォーグに搭載する1.6ℓ水平対向直噴ターボ“DIT”エンジン「1.6ℓ インテリジェント“DIT”」が、「過給ダウンサイジングエンジンの開発」で、平成26年度日本燃焼学会「技術賞」を受賞しました。

【受賞内容】

1.受賞対象 : 「過給ダウンサイジングエンジンの開発(FB16“DIT”)」
2.受賞者 : 佐々木 礼 富士重工業株式会社 スバル技術本部 エンジン設計部
  保坂 亮太 富士重工業株式会社 スバル技術本部 パワーユニット研究実験第一部
  横山 誠 富士重工業株式会社 スバル技術本部 パワーユニット研究実験第一部
  塚本 直輝 富士重工業株式会社 スバル技術本部 パワーユニット研究実験第二部
  平岡 直樹 富士重工業株式会社 スバル技術本部(環境対応)
兼 パワーユニット研究実験第二部
  勝俣 雅人 富士重工業株式会社 スバル技術本部(環境対応)
  金子 隆 富士重工業株式会社 スバル技術本部 CAE部

「1.6ℓ インテリジェント“DIT”」は、2014年6月発売のスポーツツアラー「レヴォーグ」に搭載。国産本格ダウンサイジングターボエンジンとして、レギュラーガソリン仕様に強くこだわりつつ、動力性能と環境性能を高次元で両立させることで、スポーツツアラーに相応しいスバルらしい新世代エンジンに仕上げました。

2.0ℓ直噴ターボエンジン技術を基に、排気量を1.6ℓとダウンサイジングしながらも、2.5ℓ NAエンジン相当の出力性能を達成。レギュラーガソリンに対応させつつ、燃費性能を大幅に向上させた点が評価されての受賞となりました。

日本燃焼学会は、国際燃焼学会(The Combustion Institute)の日本支部であり、燃焼に関する基礎研究から機器の実用化研究まで行う、日本の燃焼研究分野において最も権威ある学会です。この日本燃焼学会から授与される「技術賞」は、燃焼応用技術の研究・開発に顕著な功績をあげた個人又はグループに贈呈される賞です。

<ご参考>
■日本燃焼学会 webサイト
 http://www.combustionsociety.jp/
■スバルオフィシャルウェブサイト(1.6ℓ インテリジェント“DIT”開発ストーリー)
 http://www.subaru.jp/about/technology/story/dit/dit01.html

1.6ℓ インテリジェント“DIT”


関連ファイル

写真及び広報資料の
お取り扱いについて

ダウンロードページ内で使用されています広報資料及び写真は報道目的に限りご使用になれます。

ローカルナビここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

Page Top

サイトのご利用案内ここまでです。