ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

SUBARU
GLOBAL MEDIA SITE

富士重工業「自動車リサイクル法」による2015年度再資源化等の実績を公表

June 1, 2016

CSR・環境情報

2016年6月1日

富士重工業「自動車リサイクル法」による2015年度再資源化等の実績を公表

富士重工業は、自動車リサイクル法(使用済自動車の再資源化等に関する法律)に基づく2015年度(2015年4月~2016年3月)における再資源化等の実績を公表します。

2015年度の実績は、シュレッダーダスト*1(以下ASR)では173,272台から27,935.5トンを回収、27,243.3トンを再資源化しました。よってASR再資源化率は97.5%となり、2015年度法定基準である70%を達成しました。
またエアバッグ類は130,009台から、360,882個を引き取り、27,052.8㎏をリサイクル施設に投入し、25,251.6㎏を再資源化しました。再資源化率は93.3%となり、法定基準の85%を達成しています。
フロン類は147,108台から37,781.0㎏を引き取り、適正に処理を行いました。

再資源化に要した費用は1,409,412,422円、資金管理法人から払渡しを受けた預託金は総額1,757,742,440円であり、リサイクル収支は348,330,018円の黒字となりました。
また、再資源化に要した費用の他に、自動車リサイクル促進センター*2の運営関連費用79,275,110円、ASRの再資源化に関連する費用27,433,639円を負担しており、メーカーとしての全体収支は241,621,269円の黒字となりました。

富士重工業では自動車メーカーが主体で結成するART(自動車破砕残さリサイクル促進チーム)の一員としてシュレッダーダストの再資源化に取り組み、2011年5月にシュレッダーダストの埋立て処理ゼロ化を達成、現在も継続しています。

今後も富士重工業では使用済自動車から発生するASR、エアバッグ類、フロン類の3品目の引取・再資源化が確実かつ円滑に行われるよう取り組み、高い水準のリサイクル率を安定的に維持することを目指します。

「富士重工業 自動車リサイクル法について」HP
https://www.subaru.co.jp/products/

 

*1:使用済自動車から有用資源を回収した後に残る破砕残さ
*2:自動車リサイクル法で資金管理法人・情報管理法人の指定を受けている公益財団法人

関連ファイル

写真及び広報資料の
お取り扱いについて

ダウンロードページ内で使用されています広報資料及び写真は報道目的に限りご使用になれます。

ローカルナビここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

Page Top

サイトのご利用案内ここまでです。