ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

SUBARU
GLOBAL MEDIA SITE

富士重工業、電気自動車の開発が評価され、東京電力、NECラミリオンエナジーと共同で、「平成18年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰」を受賞

November 20, 2006

クルマ

2006年11月20日

富士重工業、電気自動車の開発が評価され、東京電力、NECラミリオンエナジーと
共同で、「平成18年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰」を受賞

富士重工業は、東京電力およびNECラミリオンエナジー共同で進めている電気自動車スバル R1eの開発に対して、「平成18年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰」を受賞した。

※NECラミリオンエナジー:本社:神奈川県相模原市、社長:内海 和明

この表彰は、環境省が1998年度(平成10年度)から、毎年度、地球温暖化防止に顕著な功績のあった個人または団体に対し、「技術開発・製品化部門」「対策技術普及・導入部門」「対策活動実践部門」「環境教育部門」「国際貢献部門」の5部門において、行っているものである。

富士重工業は、電気自動車スバル R1eと急速充電器の共同開発において、下記の点が、温室ガスの排出を低減する技術として高く評価され、同賞の「技術開発・製品化部門」においての受賞となった。
   ・急速充放電ができる高密度リチウムイオン電池の開発
   ・この電池を搭載したコンパクトで高性能な電気自動車の開発
   ・高価な電池を大量に搭載しなくても短時間(15分で80%の充電が可能)で補充電し利便性を向上させる急速充電器の開発

なお、表彰式は12月11日、東京都千代田区において行われる予定で、富士重工業からは土屋孝夫 代表取締役副社長が出席する。

富士重工業は、これまでもスバル車の燃費・排出ガスを改善するための技術開発、生産工場へのコージェネレーションシステムの導入、工場周辺の小学生を対象とした環境教育の実施など、地球温暖化防止に向けたさまざまな取組みを進めてきた。
今後も従来からの取組みに加えて、電気自動車の開発や普及の促進などにより、地球温暖化防止に積極的に取り組んでいく。

スバル R1e

関連ファイル

写真及び広報資料の
お取り扱いについて

ダウンロードページ内で使用されています広報資料及び写真は報道目的に限りご使用になれます。

ローカルナビここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

Page Top

サイトのご利用案内ここまでです。